昨年、原爆投下の地、長崎で花育の基調講演に伺った。

長崎県庁の担当の方が、いのちとこころの花育に共感して、北海道の私を呼んで下さった。

生かされて残った次の世代の私は

安心して暮らせる日々が続きますように、と昨日は家でひとり目を閉じて祈りました。

あの時の長崎のみなさんはお元気かな・・。

SANYO DIGITAL CAMERA

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。