今日は月形へ。

いつもお世話になっている花問屋さんにご案内していただいて
北海道浦臼町の花農家さん「花組曲」というブランドの花を視察に訪ねました。

広くて気持ちいい~❗

先日、北海道新聞の花といっしょの制作でお世話になった花生産者の庄野さん。


クオリティの高い、美しいトルコキキョウを生産されています。写真よりも本当に素敵です。なんと言っても、花は育てるのに人の手間と時間がかかり、機械では到底無理な作業ばかりです。

丹精込めて育てる花を、たくさんの方に、1輪でも手にとってそばにおいてみてほしいな。。

ガーベラ農家さん 、三次さん。

一番気に入り目を奪われていたのはこのガーベラ、名前はフォローミー。
花びらがまるで幾何学紋様のように並べられ、自然界の摂理に意思を感じます。
ガーベラは菊科の植物。


こんな風に咲いてるんです。

こちらではカーネーションも生産していて
色とりどりのポップな花が揃います。

大変勉強になりました。

いただいた花を眺めながら、
新聞連載のカーネーションのアイデアをネタ帳にいろいろ書いていました。

どこで産まれ、どのように育ち、どんな人にどう育てられ、私のところに来たのか、の花の産まれ育ちと生きざまを垣間見る時、大きな想像力が膨らみます。
物事の本質から、創造が生まれます。

お世話になりました。
みなさまありがとうございました❤

また伺います。

森直子
Http://harufds.com

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。