雪の中列車に乗り、八雲町教育委員会さんへ。
中学校や
熊石町など4ヵ所で花のいのち人のこころの講演を3日間させていただきにきました。

手作りチーズ工房さんに連れていっていただきました。職人の味、優しい味です。

八雲町公民館で、町のみなさんと花育。

老若男女問わず、みんな花でいきいき。
みなさんと食事しながら、
海と山の大自然の中で、本質を知っている人同士は楽しいなあ、と。
大事にしているものが、求める感じる本質がいっしょって、こんなにわかりあえるんだな、と、
楽しい時間を過ごしました。

花新聞ほっかいどうの今月のコラムを送り、12月13日に発売予定の書籍タイトルが決まり、年末まであっというま。
今年はいろいろと弱っている時に、親身になって愛情深く支えていただいた陰の人々のおかげさまで本も形になります。ありがとうございます。

やはり、
人の気持ちがわかる能力のある優しい人たちといたいし、互いに循環できる人といるとき、しあわせです。
こころの豊かさと感性は、頭でなく体験で養わないと身に付かない、それには自然に触れることが一番効果があります。

いのち同士いっしょに生きるには、愛より先に慈しみと畏敬の念、そんなお話をさせていただきました。

明日は中学校。楽しみです。

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。