4年半前にお披露目して、
6年前から制作に取り掛かった、集大成。
KIRIBANA/エイチエス株式会社

¥4,320
Amazon.co.jp
この本を創るまえ、編集の斉藤専務とカメラマンの中田勝弓さんと3人で話し合いをしました。
中田さんは、「この、大自然と人工の融合と調和というテーマでの撮影は、現実にはとても難しくて、何人もの人がやろうと試みたけど、途中で挫折して、できなかった」といいました。
ですが、3人で葛藤模索しながら2年がかかってしまいました。
そして、最終的な段階で、どちらも真剣で、斉藤専務と私の意見が衝突しながらも、斉藤専務が決断して、斉藤専務の情熱と愛があってこそ完成に至った、という、
幻の写真集でもあります。
こんなに大変な仕事はもう2度とやらない、と斉藤専務は今もおっしゃいます(笑)
冷静に利益と実益だけを考えていたら、けしてできなかったでしょうし、
斉藤専務のクオリティーといい本を創りたいという想いだけでできた、
そのはんかくさい情緒に、人としての素晴らしさを感じ、光栄でした。
それほど素晴らしい写真としても完成度の高いものに、おかげさまとしかいいようもないものになっています。
お世話になっている本屋さんの社長さんからは、
こういうのは、人生最後の最後にだすもんだ、と。
でも、体力と気力のある年齢でないとできなかっただろうな、、、とも思います。
大自然の中で、人工を制作しながら格闘した2年間で、
これだったのか、と気づきがたくさんありました。
それは、「大自然とともにどうやったら人は生きていけるのか」という15の気づきでした。
それを文章に書いて、写真集に添えました。
一度手にとっていただけたら、うれしいです。
それから3年経って、この写真集の中で得た気付きを、
感性で、誰でもができて、一輪でも出来て、野の花でできて、子どもさんもできて
暮らしの中に生かす、花育の要素をいれて、
そんな一冊を、目指していま、がんばっています。
12月5日完成予定で、
制作、執筆、などすべてに追い込み体制に入っていますが、
昨日はお手伝いしてくれている方が、庭の草むしりをしてくれて、
草の匂いに癒されながら、
PCに向かっています。
花は愛  森直子 HP http://harufds.com

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。