今日は娘の面接受験の日。
眠れないままに制服にアイロンをずっとかけて、
仏前にお参りをして、
子供のころから好きだったフレンチトーストをつくり、そこになぜか大根の煮付け。

太宰府で買ってきた御札をもたせて、
大雪の中、大きな絵を三枚積んで
父親の車で出かけていった。

神様も仏様もなんでもごちゃ混ぜ。。しかも、普段言っていることと矛盾している自分の行動(笑)

受験日の親御さんはみんな、わが子の無事を祈っているだろうな。

産まれた時は、元気で健康で育ち、私より長生きしてくれたら、、と思っていただけで、
笑っても泣いても怒ってもなにをしても、可愛らしかったけれど、

今では周囲の方に、森さんより娘さんのほうがお母さんみたいだ、と言われるほどしっかり者になった彼女は
しらない間に私の服を着て出かけている。

来年は子供たちが巣立ち、
親としての役も22年ぶりに学費以外は(笑)一旦終了かもしれないな。。

彼女が産まれていなかったら、この親としての感情がなく、理路整然と理屈で行動していたら、いのちとこころの花育は産まれていなかったな。

などとそんなことをふと思う今日でした。Android携帯からの投稿

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。