生態学の世界的権威で
いのちの森を世界各国に植林作りをなさっている、85歳 宮脇昭 生態学博士。
今日は洞爺で講演(主催 北海道 イデアワークス様)に花をいけ、お出迎えに同行しながら、ずっと朝から夕方までご一緒させていただきました。
$花 は 愛
イデアワークスさま所有の洞爺の森をみんなでずぶぬれになりながら山を登り、
$花 は 愛
帰り道
「森 直ちゃん、幸福とはなんだと思う」
「ん~なんでしょう・・」
「いきていること」
シンプルで深い言葉にショッキングな衝撃でした。
言葉で書くと平坦なのですが、
先生の口からでると深く伝わってくるのです。
というのも、
先生と一緒にいると
深いいのちへの愛が体に伝わってきて
幾度もじーんと涙がでそうになり、
なにも言わずに気配で伝わるそれは
いったいなんだろう、そんな風に感じてもいたからです。
作品はいろいろな北海道の針葉樹と愛に満ちあふれるような色合いの花を選び
いけました。
$花 は 愛
なんども手を握って下さり
「冷たいね」と。
イオンの植林活動、トヨタの植林活動も博士の仕事です。
森で大地に9000年生きる森を今なお作る宮脇博士
書籍も多数ですが
これ読んでごらんなさい、と私に見せてくださったのは
天皇陛下に献上した文献でした。
その文章掲載の「森の力」
$花 は 愛
お見せいただいたその場で
数十ページ一気に夢中で読んでしまいました・・。
私にとってはそれほど衝撃の一冊。
そして楽しいひとときでした。
花をご用命いただきました、イデアワークス様ありがとうございました。
花は愛  森直子 HP http://harufds.com

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。