よくも悪くも
結果が出る最後の最期は
積もりつもったもの、
積み重ねで、
見た目にはほんの小さなことがきっかけのように見えるけれど、
それは
コップの中に水がたまって表面張力のようになっていたところに
一滴くわえたとき、あふれただけにすぎないように。
それが
「時」という目に見える現象かもしれない。
そしてそれは
決定打のようでいて決定でもなく
ただの節目で
変化し続けて永遠につづいていくもののようにも思える。
$花 は 愛
森直子 HP http://harufds.com

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。