今日は京都池坊中央研修学院の修了式でした。
クラスメイトに、
森さん、入学式でいちばん前で居眠りしてたっけね、と。
懐かしい思いでです。
思いもよらず、
成績優秀者に送られる
《橘賞》という大変名誉ある賞をお家元からいただきました。
その年いなければ該当者なし、にもなる賞でしたので、ほんとうに嬉しかったです。
長い間に積み重ねた
苦悩や葛藤、吐き気がするほどした稽古の数々 、涙を歯をくいしばってこらえていけつづけた稽古、乗り越えたことの数々、そんな自分と向き合ってきた日々と、師匠との日々が走馬灯のように描き出されてきて、
涙が止まりませんでした。
ただ花をいけたいという想いだけでここまできましたが、
そんないろんなことも認めてもらえると、
すべて転換するんだな、とも思いました。

敷地内にある、いけばな発祥
頂法寺にお礼参りをしました。
師匠、両親、家族、常日頃そばにいてくれる人、
受賞できたのは、陰の支えのおかげさまです。
30年ご指導頂いた師匠に、
今この時に恩返しができ、
感無量です。
ずっと我慢し続けて、こらえてきた30年分の涙が
あふれだしたまま、
まだなかなか止まらずにいます。
Android携帯からの投稿

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。