花は生にはかなわない。といつも思いますが、プリザーブドやドライフラワーもその感動を
末永く味わいたいという人の感情から生まれたのかもしれません。

今年行ったライブは少なかったのですが、
ユーミン
ジャンべの茂呂さん、
クラッシックの海外の演奏家の方のピアノ。
いつもCDを聴いていても、行くとやっぱりライブはいいな~♪と思います。

今年伺う、ラストライブはサキノブヒデさん。

左木さんの感性はすごいな、と拝聴するたび思います。

ライブや生花も講座の現場も、映像では感じ取れない
その場でしか味わえない感覚があると思います。
 

私自身、いけこみとは別の
即興花パフォーマンスライブは今年は8回。
共演もジャンべ、馬頭琴、ピアノ、とご一緒させていただきました。やっぱりライブは楽しいです。

2013年は1月2日、さっぽろ地下街さんの、新春イベント
「花作家 森直子 フラワーアートパフォーマンス」
が初仕事になっているので、花の鮮度保持やその他準備のため、
日常が自然な流れで to be continues.  

やっぱり現場は大好きです。

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。