冬になってきたので、北海道産の花が少なくなり、
国産の花と輸入の花が並び始めました。
元来農耕民族だった日本人の作る花はどことなく繊細な趣に感じるのはわたしだけかもしれませんが、
日本の農家さんは「生産」というよりは「作る」という感覚なのかな。。などと勝手な想像をしたりしていました。
私の感覚は花も野菜もいっしょなので、いつも行くお気に入りの花農家さんが作ったきゅうりは
花とおなじようにやはり美しく、美味しかったです。
新潟三条のはさみ職人さんから、とてもたくさんの柿をいただきました。
お庭で採れたものを毎年贈ってくださいますが、
鋏同様、とても美味しい。
ヤマザキパンの工場で大量に生産するバナナとクリームの入ったまるごとバナナ(でした?)
ほとんどの工程が機械でも、バナナの皮をむくときには、少しでも傷がつくと黒くなるので、
それだけは「人の手」でしかできないそうです。
来週月曜日は虻田郡京極町に生ヒバなどを使った手作りのリースの講習会の講師で伺います。
倶知安町や喜茂別町からも足を運んでくださると聞いて、とてもうれしかったです。
感謝いたします。
こどもさんを含め60名くらいとご連絡をいただいたので、今日は資材を仕入れています。
真っ白な冬景色の羊蹄山が見えるかな。
大自然のおいしい空気がとてもとても楽しみです。

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。