今日は、20年児童会館の館長さんを務められた方と
10月から始まる「小学生のための花育」のチラシをいただきがてら、とお食事をした。

その方は
わたしのしたいと思うことに、ただ、黙って手をそえてくれる。

ただ、黙って、してほしいことを助ける。

ただ、黙って、「直ちゃん、これおいしいよ」と、自然食品のお店で買ってきてくれた大好きなレーズンパンを3つ差し出す。

ただ、黙って、いっしょに塩ラーメンを食べた。

わたしに作品注文をしてくれる。

花育をするにあたり、「こんな方法もあるよ」と手法を提示して、けして、
わたしの中へ踏み込んだアドバイスはしない。

わたしを生かそうとして、
思っていても、自分の考えを押し付けない。

この方はほんとうに保育のプロなんだと深く実感した。

目の前の相手に誰がここまでできるだろう。

わたしは、子どもではないけれど、
しばらくしょんぼりしていた生きる力が、引き出されるのを感じた。

その人の持っている本来のものを育むことをずっとしてきた方は
すごいと思った。

今日の体験で得た感覚を忘れないで、
今日のわたしのような人に、そして、
今日のわたしのような子どもに、
そう接しようと思った。

その方のおかげで、
ほんとうは自分はどうしたいのか、明確に感覚が出てきた。

素晴らしい人だなあ、
一緒に10月からさせていただいて、いっぱい学ぼう、そう思った。

森直子 http://harufds.com

 

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。