寝室にある観葉植物「青年の木」。
もう、かれこれ25年そばにいて、一緒に暮らしている。

1か月半前に出張から戻ると、

真っ二つに折れていた。。。
信じられない視覚現象だった。
行く前は元気でふつうに伸びていた。

そして15年くらい前のことを思い出した。
その時も、初めて長く家を空けて、京都へ花の勉強へ行った。
5日間して戻ると、あんなに元気だった木が(幹の直径は4~5センチ)
くた~~っとして、折れるまではいかなかったけれど、曲がって真下を向いていて驚いた。

さびしかったのかなあ・・なにかあったかなあ・・などと感じていたことを思い出した。

今回はほんとうに折れていた。
ちょうど、1ヶ月半前にわたしにもいろいろな出来事がいっぺんにおこった。
ちょうどその直前だった。

25年も一緒に寝ていると、
青年の木とわたしとが一体化してつながって、連動しているのかな・・。
などと思いながら、
折れた茎を水に入れておいた。

今日は、そろそろ植え替えをしてあげようと思って広げたので
部屋が土だらけになっている。

土の中に根がものすごく張っていた。
新しい土と栄養を入れて、
光にあててあげよう。

早く元気になりますように。
ずっといっしょだよ、と声をかけてみた。

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。