教室を始めた頃から、長年お世話になっている財団法人札幌市青少年女性活動協会さんの
宮の沢児童会館館長、松岡節子さん。今月で定年退職を迎えられます。
先日お伺いした際におたよりを数枚いただいて読んでいました。
松岡さんにはお子さんがいません。
33年児童会館で子どもたちに接してきたからこその、最後のメッセージ。
体のおくからこみ上げてくる深い感動がありましたので、ご紹介いたします。
クリックしてご覧いただけたらと思います。
 

$花作家 森直子の 花は愛

松岡さんは「なおちゃん、慈愛なんだ」といつもやさしくおっしゃいます。
私も花育を長年してきて愛の前段階で、慈愛。そう確信しています。
退職後、松岡さんは経験を生かして、赤ちゃんとコミュニケーションをと、
ベビーマッサージをする予定です。
うちの花育会で、今年はぜひ一度現場の子どもたちのお話をしていただきたい、とそう考えています。

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。