今日は札幌パークホテルでの生け込みでした。
桃2種、レンギョウ、チューリップ、なのはな、スイートピー、オクラレルカを、
桃の節句の花で、雛段のようにいけました。

花作家 森直子の 花は愛-ipodfile.jpg



新党大地、町川ジュンコさんと鈴木宗男さんの講演会
そして、町川ジュンコさんの後援会の1周年のパーティー会場です。

花作家 森直子の 花は愛-ipodfile.jpg



鈴木宗男さんの言葉がひとつひとつ身に沁みていました。
「人は一生涯貫く道をすることが最も尊い、しっかりやること」
「前しか見ていないとき、ムードに流され、人としての心を失う」
そして、一番共感、感銘した言葉は、
「自然を守るという奢った考えではなく、私たちは自然に守られている。自然のおかげで生かされている。
モノ、金、で家族を守るというのはいけません。金で面倒をみるのもいけません。人としての心だ」
花作家 森直子の 花は愛-20120303181630.jpg
2次会でもご一緒させていただき、メッセージもいただいた、
ひな祭りの楽しいひとときでした。
いろんな時も、いろんなこともあるけれど、
一つの花という道を、35年してきてよかったな、と。
他にたいしたとり得も、人の役に立てることもないから、
なんでもいい、求められる、目の前に来ていることを一生懸命やろう・・。
花をいける場がある、ということはありがたいことだな、と思いました。
会場で久しぶりにお会いした方に、「がんばれよ」と声をかけられうれしかった。
あまり強くもない私は、人のちょっとした励ましの言葉が、
とても暖かく感じて、泣きそうになりながらも
勇気になって、がんばれる。
今日もいろんな方と乾杯をたくさんした、楽しいひとときでした。

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。