わたしの大切な脚。
車のタイヤがパンクしていたことに気づかず、10日くらい走っていた。

昨日、銭函へ行く予定だったけれど、
打ち合わせがおしてしまい、
どうしようかなあ、と思いながら、
お電話して、別日に。

明後日、打ち合わせで小樽へ行く予定が入っている。

今日も、用事や銀行回りなどがおわり、帰宅。

郵便局の用事をひとつわすれていた。
明日にしようかなーと思いながらも今日いこうーと出た。

あ、そうだ.
前から洗車したいなあ、と思っていたので、いつものスタンドへ。

「パンクしてますよ。」

「え?」

「僕も、車移動して、ハンドルが重いなあと思って、空気圧みたんです。
それと、タイヤかなり減りすぎて、これはかなり危ないです。」

で、人に迷惑をかけてしまわないためにも、タイヤを買いました。

「ぜんぜん滑らなかった」

「それは、ラッキーとしか。。」

「まだ、生かされるんですねー。。」

「ほんとうによかったです。銭函いかなくて。。」

「ありがとうございますー。
明日、真駒内の奥にいくんですー。」

「僕も、自分でもよく気づいたな~と思います。よかったです・・ほんとに。」

足元は大切だ。

そして、最近とみにそうだけれど、
なんとなくこうしようかなあ・・の直感は、侮れない。

ご先祖にとてもとても、
感謝。よかった。
ありがたいな。。

なんだかフットワークがとっても安心で
軽やかに♪

この足で益々どこへいくのかなあ(^-^)

iPhoneからの投稿

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。