アトリエの棚を整理していたら、昔の記事が。


所属するフラワーデコレーター協会の2004年6月の会報誌に掲載された、

ネットニュースに取材されたときの文章が出てきた。


「花への思い」~迷いがなければ作品は生き生きする~

というタイトル。


5年前の自分。



「意識の大切さ」

母の日に幼稚園で子どもたちに花育をしたときのこと、


「大人だと見た目をよくしようとか、他の人に見られたらどんな評価をうけるだろうかとか、いろいろ余計な心配をするのです。


ところがこどもの作品は、お母さんに喜んでもらいたいという強い思いがあるため、

作品に迷いがなく生き生きとしています。」


「花は自分の意識と作業に使う手を一致させる訓練の積み重ね、意識と手には結構なズレがあり・・・・・、」


と私は記事で断言している(笑)




昔の自分の発言に、自分で突っ込みを入れる私がいる。



「それはそうだと思うけど、生き生きするとどうなるの?

ズレがあるとどうなの??」


今より未熟で浅はかだったのか・・・と思うと、

いまでさえそうなのに、穴があったら入りたくなった。



こつこつ勉強します。。




更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。