いろんな世界がある。
鳥の世界。
海の世界。
陸の世界。
大気圏外の世界。
陸に生きている私は海の世界がわからない。
弟子は師匠の立場になってみないとわからない。
男になったことがないから、男性はわからない。
さらに突き詰めると、それぞれ細かく全部違うからわからなくて当たり前かもしれない。
自分の狭い了見でものをみても考えても、思いやっても、本来は自己投影。
人間が言語をうみだしたのは伝えあうコミュニケーションを通じて
なにかを知りたいと思ったのかな。→これも自己投影(笑)
だからわからないものを否定しないようにしている。
わたしは裁判官ではないので、審判もしないように心掛けている。
わからないものは、計り知れない。
ただ、
大きな特別なことからでも
ほんの小さな日常のことからでも
理、のようなものは知ることができる。
自然の摂理をずうっと眺めつづけていると、いろいろな未知の発見があって面白いし、
反省もある今日この頃。

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。