個展が今週土曜日からと近くなってきました。
ひとつひとつ人の力をお借りして準備をしています。
ありがたいです。
先日、体が動かず
ずっと寝たきりの方が会いたいとおっしゃったので、
飛行機をとり、行った時、
人の力を借りてでしか生きられない姿を見て、
これはこれで周りの人を幸せにしているんだな・・と感じて帰ってきました。
もうこれで最後かもしれない、そうおっしゃってもいました。
働かざるもの食うべからず、
人に迷惑はかけるな、と
3歳くらいの頃には、旅館だった家の手伝いをして、
親にそう言われ続けてきたわたしは、
遠慮して、あまり言えません。
(甘えてもいいほんの数人以外。
該当者のかたは当たり前のように甘えてしまいごめんなさい。笑。)
無理してしまったので
年末に尾てい骨を骨折し、
右腕の筋肉を痛めたまま、麻痺させて仕事をしていたので、
今もメンテナンスに通っています。
腕のいい、整体師さんのおかげさまで少しづつよくなっています。
昨日は、自分でやろうと思っていた会場の装飾を
お知り合いの方に思いきってお電話してみました。
餅は餅屋。
事情を話したら、こころよくお引き受けいただいて、
なにかのときにつながればいいね。と言ってくれました。
なにかのとき。
それは、保険のような感じではなくて、
いいときも悪い時も普通のときも
時の可能性のように思えます。
なにかのとき、

ふとしたときに突然やってくるので
普段からゆとりや余裕をもって
柔軟でいたいな・・と思います。
今日は現場の下見。そして準備。
室蘭や名古屋からきてくださると聞くと
うれしい気持ちと和む気持ち、
身が引き締まる感じがします。
作品はいつも私のこども。
例えて言えば
今回は自然に任せたお産をしようと思っているので
陣痛促進剤を使わずに
自然に
安心感と歓喜の中で
作品を菩薩のように産みたいな。
ひとりで産むので無精卵。
最終日の嵯峨治彦さんとのライブは有精卵になります(笑)
きっと
安心感と信頼感のなかで、なんの抵抗もなく
スルッと作品がでてくると思います。

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。