花をいけて終わったとき
こどもにもおとなにも
今、花と呼んでいたものが
みんなの手で切っていらない、とおもったものを
人はゴミって名前をつけて呼ぶんだね。
ゴミはたい肥になったり、燃えて循環していくから
あとしまつは思いやろうね。
といいながら循環のおはなしをしている。
起承転結や輪廻転生、因果応報など
いろんな循環はある。
終えるとき、終わるとき、捨てる時
人の本質が現れやすいんだな・・と
いつも感じる。
そんなとき、
自分はどんな循環を選択するか、
を改めて考えるきっかけになっている。
自宅の庭のたくさんの束になっている枝を見て、
広い畑だったら燃やして灰にしてたい肥にしても消防車こないのにな~などと
思う今日この頃。

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。