お別れの日
まだ、どこかで生きているような気がして
電話をしてしまいそうになる自分がいる。
支えのつっかえ棒が
一本突然なくなってしまったようで、
ぐらぐらと心がヤジロベイのよう。
花をいけながら感謝の涙があふれてきた。
花作家 森直子の 花のいのち 人のこころ
笑った記憶、想いを語り合った記憶。
気にいるだろう雰囲気を花でつくる。
それしかできなかった。
それができた。
花作家 森直子の 花のいのち 人のこころ

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。