ブログをご覧下さっている皆様、
今年一年
ほんとうにありがとうございました。
心より感謝申し上げます。
今年の想い出は
・今までの集大成の作品写真集が本になり、世に出たこと
・大好きな舞台や講演会のいけこみがたくさんできたこと
・今までの活動がテレビで特集されたとき、両親が一番喜んでいたこと
・数年ぶりに自分の個展ができたこと
・花育の講師が育ち、どんどん社会で活躍し始めたこと
・あちこちへ旅行に行ったこと
・友人とより仲良くなれたこと
・新しい人との出会い
今年は仕事の面で、こつこついままでしてきたことが
はじめて少し形になった年でした。
スピードが速く、毎日が反省と感謝の一年でした。
自分ひとりでは生きていないということを実感して、
人のお陰で生きている、
ほんとうに有難い一年でした。
何年か前、何かの時にたくさんメモをとっていた私に
一緒に行った岡野眞規代さんが言いました。
「なおちゃん、忘れるようなことは、あんまり自分に必要のないこと。
 必要のあることは、自然に残る。」
人間の力はそういうものかもしれないな・・と
それから記憶を信じるようになりました。
誤作動がおきても
それはそれでまた、経験で自分の中にしっかりと残り、
身に着くようにもなりました。
そして、今年の想い出が昨日ひとつ増えました。
階段で転んで、尾てい骨にヒビが・・・。
友人に電話をして、少しなおしてもらいました。
階段で痛すぎて泣いていると
学校へ行こうとしていた娘が戻ってきて、
「大丈夫・・?」と声をかけてくれました。
そして、私の代わりにコンビニでごみ袋を買ってきてくれました。
(朝、たくさんのごみを出そうと玄関をでた)
そして、終業式で昼に戻ってきた娘は
本格的なガナッシュタイプの生チョコ仕様の
チョコレートケーキを
一生懸命創ってくれました。
とても美味しくて、感動。
そのあと、お風呂も沸かしてくれました。
たまに、できないということもいいな・・。
娘を産めてよかったなあ・・と
健康一番!
そんな風に思ったクリスマスイブでした。

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。