今日は、ポスフールに店舗展開中の㈱フラワーネットワークさんでの
技術力UP社員研修最終日。
全10回の最終日は、コンテスト。
各店舗の店長さんたちが、
それぞれ、アレンジメントを企画、デザイン、販売価格、デッサン起こし、デモンストレーション、
プレゼンテーションを行っていただいて、
今までの研修ポイントに沿って、一同で審査。
最優秀賞の賞状が社長から渡された。
一番最初にみんなと会った初めての日を思い出していた。
それぞれ、経験値や技術力は違うけれど、
その方の中で、どのくらい成長したか、
そんな視点で拝見した。
「お金を頂いて花を創るということは、どういうことなのか。」
フリーランスの私は、それを最後のあいさつに代えた。
同じ仕事を毎日している仲間を
微力ながらも応援できることが、とてもうれしかった。
終了後、作品の手直しをした。
それが終わっても、
ワイヤリングとテーピングの仕方を教えてほしい、と
みんなが喰らいついてくる。
素晴らしい向上心と感動した。
私が持っているもので分かち合えるものがあるなら、
いつでもいくらでも出してあげたい・・とそう思った。
それが、彼女たちの手を通じて
たくさんの方に花で喜びや幸せにつながっていくに違いない。
とてもやりがいのある研修だった。
花業界は12月は1年で一番忙しい。
みんな各店舗でスタッフに教えながらも、
元気で頑張ってほしいな・・と思った。
明日は GINA SARA コンサートの舞台を花で演出。
今週頭から仕入れと準備をしている。
主催のイデアワークス 代表 酒井さんよりコールバック。
「今回のお花は、ものすごいのよ~って、みんなに話してますから~。」
「え・・・ほんとですか。。。プレッシャー。」
でもたぶん当日は、
プレッシャーを感じる暇もなく、
手も足も体も、限られた時間の中で動かしているだけになる。
夏に、同じイデアワークスさん主催の
ピアニストのウォンさんのコンサートで、花をいけた時のことを思い出した。
その日どうやっても熱が下がらず、39度。咳も止まらず。
午前中は他会場でいけこみをして、また花や資材を取りに行き、
すぐその足で舞台上で生けていた。
リハだったので、咳をすると音に迷惑かかるな・・と思いつつ
我慢しながらウォンさんのピアノと一緒にいけているうちに
楽しくなって、知らない間にすべて忘れ、
踊りながら音に呼応して
花をいけた記憶がある。
ほんとうに具合の悪さを忘れてしまうほど、
音楽も素敵だったし、
ほんとうに何もかも忘れてしまうほど、
私は花を生けるのが好きなんだなあ・・ともその時感じた。
そう言えば、
10年くらい前にも、
膝の靭帯を切った時、花のご注文が来ていて、
自転車で花を買いにいって、
運転して夜、真駒内へ配達に行った。
マニュアル車だったので、クラッチを踏みながら
「なんか足がずれるな・・」と
おもいつつも、病院にいったら花を作って配達できなくなると思って、
行かなかったのを思い出す。
その時は、そのあと入院して、1年間リハビリをした。
人工靭帯を入れたくなくて、いまでも切れたまま。
「おてんばはしないように」とドクターストップはでていたけれど、
なんともない。
ただ、スキ―をしてみた時は、
ターンが危なかった。ので、それからスキ―はしていない。。
花バカだな~とつくづく思う。
昨日のランチ会の様子をUPして下さいました。
http://ameblo.jp/yuhotvv/entry-10717619996.html
おいしく楽しい時間でした。ありがとうございました。

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。