今日は、北海道倫理法人会主催 竹村亜希子氏「易経」講演会に花を添えさせていただいた。
易経は「時」の変化の道理を学ぶこと。
時とは、そのときにぴったりの行動や言動のことで、
時間、場や状況、位置や社会的地位。
兆しを読み、自分の流れを見る、
占いとは別次元の自分解読方法。
陰陽の思考と龍の例え話で解読していく。
拝聴していると、
今の自分の大局や、
日常の細かなことの立ち位置がみえてくる。
「人はうまくいっている時のほうが、失敗している率が多い」
「時流を追いかけるものは時流とともに滅びる」
とても面白いお話だった。
ただただ易経の広大な世界が好きだったとおっしゃる竹村氏。
私もただただ花の広大な世界が好きで
続けた。
というよりは、
深く考えていたら、途中でとっくに辞めていただろうと思う。
花の世界の歴史は長く、
その世界に入る時は「志」からはじまり、
知れば知るほどに「挫折感」が生まれてくる。
600年の膨大な歴史を一生かかっても
技術をすべて会得することはできないから。
一生足りないまま終わることに気付く。
それでも探求するのは、なにか花に「魅力」があるからだろう。
どんな世界でも、今も残って応用されて使われ続けている、
先人の知恵や研究は本物だと思った。

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。