受付をお願いした女性のお友達が続々。
彼女は
初日会場に来てから、
咳が止まらなくなり、涙と嗚咽とともに、洗面所に駆け込んでいました。
風邪ではありません。
色のない、無表情な顔でした。
正直、受付大丈夫かなあ、と思いました。
丸1日経ち、少し収まり、表情が出てきました。
三日目は、ほんの少し笑顔が。。
四日目には目に力が。笑顔が多くなり、頬に色味がさしていました。
実際に自分が体験して気づいたことを、友人全員にメールしてくれたのだそうです。
今日の彼女は目がキラキラと輝き、優しい顔になっていました。
お友達と楽しそうに笑っている彼女は、素敵でした。
受付もテキパキ。
使用前、使用後のように写真を撮れば良かったね、と冗談を言えるほどになりました。
作品たちも空間も日々変わり、整った頃、また壊します。
破壊そしてまた
つぎの創造へ向かう繰り返しのようです。
実は、6月中旬から右手首に突然しこりが。
その前の日、右手を主に使って、
慣れないことを長時間したので、それかな。。とは思いましたが、
痛みがでて、治療中の中での
制作と準備でした。
制作中は大丈夫ですが、ほっとした時、出てきます。
私の手の替えはないので、仕事道具は大切にしなければ、と思いました。
明日は最終日。
深いところで楽しかった個展も終わり。
月曜日は、
福業のススメの著者、
セラポート、谷口晋一さんの
ホメゴロシの会にゲストで伺います。
こちらも楽しみです(^-^)

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。