今日で百名以上の方にご来場頂きました。
お忙しい中を、足をお運び頂き、ほんとうにありがとうございます。
植物の自然治癒力のを実感し、
その効果の声も多数いただいており、
また再度、お友達を連れて来て下さる方や、毎日来て下さる方も。
とても嬉しいです。
明日は、またバージョンアップ。
小樽の山から、松が届きます。
益々大掛かりな空間演出になります。
作品も空間も日々変化し続けているのを感じます。
変化とともに、新しい出逢いとともに、気づくことが多く、自分が成長していくのを同時に感じています。
懐かしい人さえ、新しい出逢いに感じます。
今回の個展は、個展なので、お手伝い頂くことが申しわけない気がして、
ひとりで準備を進めていました。
でも、いろいろな方面からいろいろな方が、協力して下さいました。
来てくださった方も、
「この大作、このあとどうするの?」
「終了の時に手伝いにきたほうがいいかい?」
と心配して下さいました。
ありがたかったです。
でも、
そんなことを考えていたら、作れないので、、、
頭のイメージを制作して完成させること以外、
全く考えていませんでした。。
松を薪にして、
皆さんと、バーベキューパーティーを庭でしようかな~
などと思ったり。。(想像)
人は喜びや嬉しいことと同じように、時に傷つき、時に苦しむ感情動物です。
そんな時、
草花にそばにいてもらい、ひととき癒されることで、また生きる希望が湧いてきます。
人が草花を必要としているだけでなく、
草花もまた、人を必要としている生き物です。
花はひとりで交配は出来ず、虫たちが花粉を運んでくれて初めて、子孫が繁栄します。
自立と依存は
矛盾のようで、
矛盾ではない、
バランスの生態系なんだなあ‥と
作品を眺めながら、そんなことを考えたりしていました。
写真は、
最後に明け方完成した
「無意識」
花の命 人のこころ-20100701175137.jpg

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。