今日は毎週の稽古だった。

先生から学ぶことはまだまだたくさん残っているけれど、

あと何年それができるのだろうか。

先生がいて、当たり前と思っていたが、そうではない。

そして、素晴らしい先生も数年後引退することを聞き、

もっと学びたかったのに、、と残念に思った。

焦る必要はないと思ってはいたけれど、

「あなたはもう、稽古ではない。修行だ。

ただ来て、遊んでいる暇はない。」

先生はそう言った。

「私の眼の黒いうちになんとかなりなさい。」

そうも言った。

今まで、花の勉強を続けるために仕事をしてきたようなもので、

若いころは、みんなが洋服を買っているとき、

私は花道具を買った。

先生の稽古は若いころは

教えてもらえない稽古だった。

「もう1回」としか言わず、

何度も何度もいけなおし、

自分でもうどうしようもなくなって

どこが悪いのかもわからなくて

最後にひとりだけ残っていけつづけて

こっっそり半べそをかいたりした。

終電になりそうな頃にやっとどこが違うのかを教えてもらった。

そんな稽古がずっと続いていた。

今思うと、有難い。
そこまで付き合って教えてくれる先生はいない。

最近あわただしくしていて

稽古を楽しんでいたが、

先生から喝が入ったので、

今月からは厳しい稽古かもしれない。。

そのおかげで

きっと私の今はあるんだろうな・・。

それでもやっぱり

私はいけばなが好きだ。

そしてこれからも勉強を続けたい。

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。