児童会館で20名のこどもたちと一緒に

切り花で作品をつくりました。

ひとりで行ったので、写真はとれず。

切り花もわたしたちも生きている、
大事に扱おうね、と一緒に花を選び、
いけました。

お花は何も言わないけど
話しかけたら
みんなの話をちゃあんと聞いていて
伸びたり咲いたりして
こたえてくれるんだよ。
とお話したりしました。

最初はそうでもなかった子供たちが、
1時間のうちにみるみる変化していきました。

ざわざわとして、まだ~?といっていたのに
終わりの方では
私が座って花のお話をはじめると
近くに寄ってきて団子のようになって聞いてくれました。

片付けをどんどん手伝い、
まだないの?
もうないの?
かたづけないの?と聞く子
「ありがとう。きっと○○君は今からこんなに人の役に立ってるから、
大きくなったらとっても人の役に立つ人になるね(*^_^*)」

彼は最後に駆け寄ってきて見送ってくれました。

終わってから、なんていう名前だったっけ?と聞いてくれる子

館長さんがコーヒーを入れてくれたら、
私に運んでくれて、
飲むまで待って、また片付けてくれる子

ピアノを弾いて聞かせてくれる子

なにかしたい!
なにかできることはないか。
そんなワクワクした雰囲気が伝わってきた。

最後に挨拶をしていて、子供たちの目をみて
言葉でうまくいえないけれど、
なにか深いものが伝わってきて

今日はみんなきてくれて、先生ね、とってもうれしかった。
ありがとう。と言ってうるうるしたが、我慢した(笑)

今度いつ来るの?

バラを持ってきて!僕はバラがすきなんだ。

また来て。またきて。

帰りに館長さんは
○○ちゃんや○○君のあんな様子は見たことがない。
といっていた。

花は花農家さんからしいれてきて、ぷりっぷりだった。
ご協力に感謝です。

花は、いい!

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。